松原市の歯医者 いけおか歯科医院のスマートフォンサイト

診療予約・お問合せは、お電話またはWebで。

072-321-2010
松原市の歯医者 いけおか歯科医院

導入設備

快適な治療のために、最新設備を導入しております

当院の滅菌・減菌システム

EO-003 EO水生成器

EO水生成器

うがい・お口の中の洗浄・治療器具の洗浄等に使用しています。
水道水に少量の塩と特殊な電気分解で、酸化還元電位を有したEO水を作ります。
EO水は非常に高い殺菌作用がありますが、人に害を与えません。

空気殺菌システム(Airculater FDS-2700)

空気殺菌システム

院内をよりクリーンな環境にするために、オゾンと紫外線殺菌・脱臭を行う空気殺菌システムを導入しています。

ルブリナ(Lubrina)

ルブリナ

歯を削るハンドピースを注油・洗浄する装置です。
器具の奥に残っている汚れをきれいに落とします。

滅菌パック

滅菌パック

洗浄された診療器具は、1回の治療ごとにパックして保管します。
治療直前で開封します。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

高圧蒸気滅菌器

滅菌パックされた器具を、高圧蒸気にかける器械です。
これで全ての微生物や殺菌を死滅させます。

わかりやすい説明を行うための設備

お口の状態が一目でわかる!『デンタルⅩ』

「レントゲンや模型を使った説明は、詳しく理解できない」と思った事はありませんか?
当院では、専門ソフト「 DentalⅩ(デンタルテン)」を使ってイラスト入りの診断書を作成して、わかりやすく説明させていただきます。

イラスト付きで分かりやすい
お口の中をイラストで表現

どこの歯がどのような状態なのか、一目で分かります。
今後の治療について、患者様が理解しながら話し合うことができます。
疑問や不明点も、レントゲンや模型を使った説明よりも浮かびやすくなり、より理解して治療を受けられます。

歯のみがき癖が分かる
歯のみがき癖が分かる

イラストを見ながら歯磨き指導を受けられますので、どの部分にみがき残しが多いか、などのみがき癖を自覚しやすくなります。
そのことに注意しながらセルフケアを行っていただくことで、清潔なお口の中の状態をより保つことができます。

治療の経過が分かる
治療の経過が分かる

お口の中の状態を、検査日ごとに記録します。
自覚症状が出にくい病気の治療経過も分かるので、治っていく実感をより感じられるようになります。

的確な診断を行うための設備

CTスキャン(3DXマルチイメージマイクロCT)

CTスキャン

モリタ社製の歯科用CTスキャンです。低照射線量で安心して使用できます。
撮影したCTスキャン画像を使って、顎の骨の状態などを患者様本人が見ながら、今後の治療計画をご説明させて頂きます。
 ⇒3DXマルチイメージマイクロCTの詳細

パノラマX線装置(ベラビューエポックス)

パノラマX線装置

従来のレントゲンと比較して放射線量を1/4に軽減したレントゲン装置です。
親知らずや埋まっている歯の状態も確認することが出来ます。

サージテル

サージテル

サージテル装着サージテルとは、非常に高精度な拡大鏡です。
このサージテルを使用することによって、肉眼では見えにくかった歯の凹凸や、歯根の破片まで見る事ができるようになり、早期の治療や精密な治療が行えるようになりました。

ペンスコープ

ペンスコープ

歯ブラシと同じくらいの大きさの口腔内カメラです。
小さいため、お口の中の細部まで鮮明に撮影することができます。
撮影した写真は、診療台横のモニターで確認することが出来ます。

歯科用デジタルカメラ

歯科用デジタルカメラ

歯科用デジタルカメラ使用時お口の中を撮影するデジタルカメラです。
高解像度のため、原色に限りなく近い色合いで写しだされますので、歯や歯肉の色の変化を確認するのに最適です。

なるべく痛くない治療を行うための設備

電動麻酔注射器(アネジェクト)

電動麻酔注射器

麻酔に使用する電動の麻酔注射器です。
注射針が極細のため、刺さるときの痛みをほとんど感じず、少量ずつゆっくりと注射液が入っていくため、痛みをほとんど感じません。

ダイアグノデント

ダイアグノデント

歯に高性能のレーザーを当てるだけで、虫歯の進行状況を数値化する装置です。
視診やX線より精度が高く、また痛みもありません。

笑気麻酔

笑気麻酔(笑気吸入鎮静法)は、酸素に笑気(亜酸化窒素)という気体を混ぜて鼻から吸い込む麻酔法で、治療中の不安を和らげる効果があり、お子様でも無理なく吸入できます。
低濃度のガスなので安全で、 もちろん診療後は意識がしっかりと戻り、お一人でご帰宅いただけます。
但し、笑気麻酔はあくまで診療の不安を取り除くために使用するものですので、痛みを伴う治療の際は、通常の麻酔と併用して使用します。