松原市の歯医者 いけおか歯科医院のスマートフォンサイト

診療予約・お問合せは、お電話またはWebで。

072-321-2010
松原市の歯医者 いけおか歯科医院

歯科用CT検査

インプラント治療等をより正確に行うための機材です

3DXマルチイメージマイクロCT

3DXマルチイメージマイクロCT

当院では、より安全で正確なインプラント治療を行うために、モリタ社製の歯科用CTスキャン(3DXマルチイメージマイクロCT)を導入しています。
照射時間が短く、少ない放射線で撮影できる歯科用X線CT撮影装置です。
顎、歯、口腔領域を細部まで3次元画像で立体的に表示することができます。
この3次元画像を患者様にも見て頂きながら、顎の骨の状態確認、どの位置にインプラント体を埋入するのかなどのシュミレーションを行います。
インプラント治療の他にも親知らずの抜歯、難治性根管治療のための診断などにも使用されています。

CT画像

インプラント治療に必要なCT検査

インプラント治療を行う際、顎の骨の厚み・高さ、骨の量などを事前に確認しておく必要があります。
これは、インプラント体を埋め込むのに十分な骨の状態であるかを確認するためです。 この確認なしでインプラント手術を行うと、歯肉を切開してから骨の状態が悪くインプラント手術を 途中で断念しなければならないことがございます。
それを防ぐために、患者様には顎の骨の状態を事前に確認できるようCT検査をお受け頂いております。
CT撮影装置を保有していない歯科医院では、提携している病院に行って頂き、CT撮影を 行って頂く必要がありますが、当院では、歯科用X線CT撮影装置を保有しておりますので 患者様にお手間をかけることなく、インプラント治療を行えます。